和伊彩亭 ラ・ローザ

鶴橋でイタリアンなら「ラローザ」宴会にも

コンセプト

Concept  コンセプト Lunch ランチ Dinner ディナー Party パーティー Access アクセス

コンセプト

オーナーシェフ

オーナーシェフ

 

「La rosa」では、他とは違うイタリアンでも違う形でソース、手法を変えて美味しい料理をお召し上がりいただけます。 
ワインも原価に近い、しかも質は高いもの飲みたい方には喜ばれるお店です。

ホテルでシェフを務める色んな方々より料理を学び、バブル時代に花の博覧会開催でホテル乱立でフランス料理を学び朝から夜中まで料理と向き合いと熟知したからこそ出せる味わいです。
時間をかけてつくるソース、料理との相性を考えた素材選び、素材を生かした繊細な調理方法など、様々な技をくしして皆様に本当においしい料理の提供と。
イタリア料理店勤務とか有りません。ホテルの厨房と言うのが私たちの時代の仕事場で有ります。

全てシェフ一人で一つ一つお作りいたしますので何年経っても、変わらない味を非常にお召し上がりいただきやすい価格設定でお召し上がり下さい。

門真、西三荘の松下電気本社の中に入る会社を皮切りに松下電気本社では
来客用の特別食堂勤務で良く松下幸之助さんのお孫さんが食べにいらっしゃってと。
樟葉モールに店舗を構えるところで新業態と、どこにでも無い物と自家製で毎日パスタを打ち、その後に起こる全国に大ブームとなる前にスープスパゲティの先駆けとして今ではどこにでも有るものの35年から前の昭和の時代にはまず、見当たらない自家製でパスタを打ちスープスパゲティとして提供すると師匠のアイデアで展開されて行き、師匠が次の段階に進むと離れ誰もが通るホテル料理人としての道へ。
昭和のホテルはのんびりと。しかし、料理人は氷細工も出来ないと一人前とは認めてくれない時でしたが流石に寝ずに徹夜で仕込みをしながら氷を彫るとはならなかったようです。30時間耐久とか昭和の時代てすね。
巨大ホテルに行くと寝る時間は少し与えてもらう代わりにもっととんでもない目に合うと言うバブルとは裏方に取っては恐ろしい時代で有りました。
ホテル開業ラッシュなので移動が激しく引き抜き合戦で足らないホテルをチョロチョロされてたと。
20代最後には超高級フレンチと呼ばれていた所に誘われてと新大阪の方のホテルでシェフを務めてた方と7年振りにお会いして合流と。
数々の現場をこなしてきた経験は色んな方のやり方を吸収して勉強を。
三ノ宮の店舗展開グループに高槻、室生のゴルフ場にスパワールドの支配人に呼ばれて温泉施設にとホテルのみならず様々な場所で。
 

 

こだわりのソース

こだわりのソース

 

高い物はお家で作る方が良い。
普通にどこにでも有るような家庭っぽい料理を提供させてはおりますが、ソースを美味しくすることにより全く違うように仕上げさせていただいております。
良い食材を簡素にするのも良いですが、せっかく夜を徹して時間を惜しみなく睡眠時間も削って色んなことを学ぶと言うことをして来ましたので、周りのイタリアンと言うのとは違うようにしております。

「La rosa」では、色んな方に教わった基本の美味しい味、ソースにどっぷりこだわっております。
フランス料理を感じ、熟知できたからこその味をイタリア料理の食材と良く合う形に入れ込みました、手の込んだオリジナルのブレンドソースで一度当店の料理をお召し上がり下さい。今までの感覚が変わるのではないでしょうか…?

手間を掛けて、時間をかけて作るソースは口に入れれば分る濃厚さ!食材の味をひきだしているソース感!がわかっていただけるのではないかと思います。ソースひとつで美味しくも、不味くもなります。フランス料理仕込みのソースの技術、知識、知恵、感覚で作るお料理を存分に味わってください。
 

 

皆様へ本当の味を・・・

皆様へ本当の味を・・・

 

時間をかけてじっくり作るソース等。
時間を惜しまずに手間を掛けご家庭で味わえない味。
美味しい、美味しくする為には時間が必要となります。
時間を省くとやはり、それなりの物にしかなりません。
ご家庭で何時間もさいて料理を作る事は中々難しい事ですが
たっぷり時間をかけて作られるソース。スペアリブの煮込み、牛タンシチュー
数時間、数十時間じっくり丁寧にして美味しく致します。


これまで自分自身で感じてきた料理の味と体験で、作る本当に美味しい料理をたくさんの方に分かって頂きたい思いと、お召し上がり頂いたお客様に喜んで頂けるように、最小限の価格で皆様にお召し上がり頂いております。

値段の高いお食事は、素材も良く、美味しいのは当然ですがなかなか気軽に食べれる機会は少ないと『La rosa』では、美味しい料理を低価格でお召し上がり頂き、皆様に本当の味を召し上がって頂きたい一心で日々厨房に立たせて頂いております。ソースをメインとして料理を作っておりますのでイタリア料理とは違うと思われるのは当然でイタリア風の料理になりますが調理法、味はホテルの時の味にしております。